自然の中で眠りにつく樹木葬

日本では人が亡くなったら遺体を火葬し、遺骨をお墓におさめたり、お寺に預けたりするのが一般的です。

しかし近年は、お墓に対する考え方が変化して、死後お墓に入りたくないと考える人が増えています。


また、お墓に入りたくても墓石を持っていない、もしくはお墓があっても墓守をしてくれる人がいないということがあります。お墓という形にこだわらない人を中心に、樹木葬という葬送方法が注目を集めています。



樹木葬は、霊園などが提供する場所に遺骨を埋め、そのうえに故人が好きだった樹木や遺族が好む樹木を植える方法です。


よく散骨と混同されることがありますが、樹木葬は霊園などが運営している場所でしか行うことができません。



最初に納骨料金などの事務手数料を支払えば、それからは管理費を定期的に支払う、もしくは最初に支払う手数料だけで後々は支払いが必要ない場合もあります。

All Aboutサイトを今すぐ確認してみましょう。

使用料金については、運営する霊園に確認を取ることをおすすめします。

樹木葬は、遺骨を骨壺に入れたまま、指定された場所におさめます。
遺骨をおさめた後は霊園が管理して、庭や公園に整備してくれます。
樹木葬の場合も遺族がお墓詣りをするように、遺骨をおさめた場所を訪れて、故人との思い出に向き合うことができます。

樹木が植えられていて緑があふれる癒しの空間のようになっていますから、ゆっくり過ごすことができます。
自然の中に埋葬されることで、故人も安らかに眠ることができるでしょう。