増加傾向にある自然葬の魅力

葬儀のスタイルは、時代のニーズやその背景と共に変化を遂げ、年々多様化しています。

少子化などの影響で、後継ぎや墓を守るものがいないケースが増えており、従来の葬儀やお墓の在り方が変化しているのが現状です。このような背景の中で、自然葬というスタイルが注目を浴びています。


自然葬は、散骨、樹木葬などが含まれ、従来の葬儀に比べ、大幅にコストを削減できるのが特徴の一つですが、費用の面のみならず、人は死んだら自然に戻る、という自然回帰の考えが多くの人の心をつかんでいると言えるでしょう。

それは日本人と自然の関わりの深さの現れであり、また精神的な豊かさの象徴でもあります。

例えば、樹木葬を例に挙げれば、墓石を立てるかわりに、樹木を墓標としますが、従来の墓の暗さやイメージは全く、自然と共に生き続ける美しい想い出が残るでしょう。



自然葬の場合、墓地を継承する必要がなく、その後の管理や費用などの問題を大幅に減らすことができます。

ただし、自然の中に還すからといって、許可なく埋葬することは禁じられているので注意が必要です。

墓石の場合よりもコストは安くなりますが、霊園や決まった区画などの法的に許可を得た場所に埋葬する必要があります。

このような自然葬を選択する人は、従来のお寺や宗教のしきたりやルールに縛られたくない方も少なくありません。
樹木葬は、ある程度の管理や手続きが必要ですが、海洋散骨の場合は、散骨後は追加費用も管理費用も一切かかりませんし、宗教を超えて、自然の一部になるという考えが支持されています。



このように、今後は、時代にあった新たな葬儀スタイルが増えていくでしょう。

真剣にlivedoorニュースの情報を利用しない手はないです。