永代供養墓で永代供養をしてもらえる期間

永代供養墓を検討している時に、確認をしておきたいポイントの一つとして永代供養の期間があります。永代供養というと永久的に供養をしてもらえるイメージを持つ方も少なくありませんが、実際に、供養の期間は、お寺によって違いがあります。たとえば、十七回忌まで、三十三回忌まで、五十回忌までと様々です。

ジョルダンニュース!について興味がある方にオススメのサイトです。

永代供養墓への申し込みをする際に、どれくらいの期間まで供養を行ってくれるかを事前に問い合わせをしておくことが大切です。


十七回忌までとなると比較的短めの期間になるので、それでも構わないと思う場合は差支えないでしょう。



一般的には、お寺の続く限りはその期間が終わっても、合祀されることで総合的な供養は行ってもらえます。

しかし、故人一人に対しての供養は、三十三回忌までのところが多くなっています。

その後は、共同型墓地などで供養するというのが一般的ですので、その点をよく把握しておく必要があります。

ですから、永代供養墓に遺骨を納骨して合祀されたのちには、個別に遺骨を取り出すことが出来なくなります。


実際に、永代供養墓を検討する時に、購入した年から年数を計算していくお寺もありますので、どれくらいの期間が供養してもらえる期間であるかを確認することが必要です。



さらに、永代供養墓で、加入の際にすべての費用を支払えばそれ以降のお布施や年間管理料、寄付が一切必要ありませんが、中には、年間管理料が別に必要なところもありますので、その点も必ず確認をしておくようにしましょう。