散骨などの自然葬を希望する人が増えている時代背景

現在亡くなった人は仮想されて遺骨となり骨壷に入れられ家墓の納骨堂の中に納められているという形がスタンダードですが、近年遺骨を散骨するという自然葬が注目されています。

これまで先祖代々続く家墓があって、その子孫が先祖の供養などをしつつお墓を守り続けていくことが当たり前とされてきました。

けれども現在のような形になった歴史は明治時代の後期からといわれており、それ以前には基本的にはなくなった後は自然に還す土葬が主流だったといわれています。

家族のあり方が大きく変化している現代社会では家墓を守ってゆく子孫が途絶えてしまい、誰も手入れをする人のいない荒れ放題のお墓が増えていることが社会問題になっています。

子孫が途絶えたわけではなくても、核家族化の進んだ現代社会は先祖の墓を継承していくという意識は以前とは変わってきていることは事実です。

人気上昇中のAll About情報サイトです。

散骨と言うのはなくなった後の遺骨を海や山などに巻くことで自然に還るという考えに基づいて行われる自然葬のひとつです。



継承者がいない人の場合これまでのようなお墓をもつことが困難なこともあり、遺された遺族がお墓の管理などのお墓にまつわる負担を抱えずに済むようにと言う考えが広まっていることも、散骨が多くの人に支持されている理由のひとつです。



墓石を建てたこれまでのようなお墓ではなく、故人の遺骨を海に散骨した人は海に向かって手を合わせて故人をしのぶことが、故人に対する供養になるという考えで行われています。