海洋葬という弔いの方法

海洋葬とは近年人気を集めつつある自然葬の一つです。

故人が亡くなった後に遺体を火葬するまでは通常の葬儀と同じですが、その後更に遺骨を細かくし、海に散骨することを海洋葬と言います。

命が終わって体も魂も自然に還るという人間本来の弔い方法が出来ると人気です。



海洋葬に関する国の法律はまだ規定されていませんが、各都道府県の条例で散骨に関する取り決めがされていることもあるため、希望の海域などがあれば事前に可能かどうかを確認しておくと安心でしょう。


また、漁業を行っている海域ならば漁業組合への許可が必要になるかもしれません。



個人で遺骨の処理から関係各位への許可取りを行うことももちろん可能ですが、悲しみにくれている素人の遺族がイチから調べて手続きをするのは大変なので、自然葬を専門に執り行っている専門業者に全て依頼するのも一つの手段でしょう。
日本だけでなく、海外の気に入った海域に散骨をしたいと希望するケースもあるでしょう。
その場合はその国の法律や取り決めに従って散骨を行わないと罰せられる可能性もあるため、特に注意が必要です。
海洋葬は海に囲まれた日本人にとって非常に満足度が高い弔いの方法となるため、従来のお墓を建立して納骨し供養を執り行うという方法に違和感を感じている人や、自然に還りたいと考えている人は、新しい弔いの方法として海洋葬を選択肢の一つに加えてみるのも良いでしょう。

Weblio辞書が勢いに乗っています。

実際に行った人の体験談や、業者への問い合わせをして情報収集を行うのがオススメです。